コンセプチュアル・アーキテクト

コンセプチュアル・アーキテクトとは

社会的思想が強かったり、アートよりの作品をつくる建築家のこと。と勝手に定義する。

実際に建てられた建築物だけでなく、ドローイングやインスタレーションなどを通じて、世の中にインパクトを与える存在。建築という枠は使っているけど、やっていることは革命家とかアジテーターに近いのかもしれない。現代アートにも見られる傾向。

<コンセプチュアル・アートとの関連>

概念の重視や、表現の非物質化を意図する「コンセプチュアル・アート」と近い考え方でもある。表現分野は違うけど、双方ともアイデアやコンセプトを作品の中心に置いている。

「概念芸術」とも訳されるように、作品の概念や観念的側面を重視するため、言語はもっとも重要な媒体になりうるものであり、批評家のL・リパードはこの傾向を「芸術作品の非物質化」とも定義している。従来の芸術ジャンルの物理的属性に依拠しないという意味では、芸術作品の唯一性や一回性、商業化などへの否定的見解を伴うものであり、特に複製可能で容易かつ迅速に流通しうる印刷媒体などの活用によって意図されていたのは、物質と流通の双方から従来の美術(制度)の改革を行なうことだった。そのため、60年代後半から70年代を中心に展開したコンセプチュアル・アートでは、写真、郵便、ファックス、電話などの流通・情報メディアが頻繁に用いられた。出典:artscape

 

時代の先を行き過ぎる建築 “アンビルド”

思想や造形表現に重点が置かれ過ぎると、結果的にアンビルドになるケースが多い。

理由として、

1. その時代の技術では建築不可能、または実現するには多大なコストがかかる

2. 技術的には建築可能だが、思想や造形が前衛的すぎて、施主を含め世間の啓蒙が必要

3. コンセプトが先行し、建築というジャンルでは取り扱いが難しい

<アンビルドが果たす役割>

上記のような理由で実現できなかったアイディアは、アンビルドとして括られ批評されることがある。なぜ批評するのかというと、既存の建築や、それを取り巻く制度、社会的思想などに揺さぶりをかけるため。

アーキグラムのように、消費されることを目的に、あえてアンビルドにすることもある。

また、アンビルトに限定して賞を与えるコンペティションや、実現した案より落選した案の方が強いインパクトを与える例、時代を変えて別の建築家によってアイディアが実現される例など、アンビルド・アーキテクトの可能性は色々ある。

 

フレデリック・キースラー

フレデリック・キースラーフレデリック・キースラー
1890-1965
オーストリア・ハンガリー帝国チェルノヴィッツ(現ウクライナ・チェルニウツィー)生まれ
芸術家、建築家
via Alchetron

マジック・アーキテクトと呼ばれる。短期間アドルフ・ロースのもとで働く。もとはウィーンの舞台美術家。1923年からデ・ステイルのメンバー。

City in Space Installation
Frederick Kiesler, view of the City in Space Installation, International Exhibition of Modern Industrial and Decorative Arts, Grand Palais, 1925 Re-coloured glass plate, circa 1930 Vienne, Kiesler Foundation
Frederick Kiesler mit seinem Modell für ein Endless House, New York 1959 Photo: Irving Penn © The Irving Penn Foundation, Condé Nast Publications, Inc. via berlinerfestspiele

エンドレス・ハウス(案)
1947-60 MoMA
設計:フレデリック・キースラー

An exterior view of the model of Frederick Kiesler’s Endless House, from 1958, a project that he worked on for four decades and never completed. via nytimes
Frederick Kiesler. Endless House. 1947–60. First model, 1950. Ceramic, 20 x 11 1/2 x 6″ (50.8 x 29.2 x 15.2 cm). The Museum of Modern Art, New York. Purchase, 1952 via MOMA
エンドレス・ハウス
Endless House Friedrick Kiesler via AD

死海の書の神殿死海の書の神殿
1965 イスラエル エルサレム
設計:フレデリック・キースラー
via wikipedia

via richedwardsimagery

 

レイモンド・アブラハム

レイモンド・アブラハムレイモンド・アブラハム
1933-2010
オーストリアの建築家
via derstandard

ビジョナリー・アーキテクチャーと呼ばれる。

Hinge-Chair
Hinge Chair ,1971 Raimund Abraham via CISCAS MAMBITOS

The House for MusicThe House for Music
1999 ドイツ ノイス
設計:レイモンド・アブラハム

Austrian Cultural Forum New York
2002 NY マンハッタン
設計:レイモンド・アブラハム
via penccil

 

ハンス・ホライン

ハンス・ホラインハンス・ホライン
1934-2014
オーストリアの建築家

建築家ワルター・ピッヒラーと共同で活動した。

<「すべては建築である」>

背景にあるのは、ドラッグと電子テクノロジーの出現。今まで前提とされてきた、建築=物質的な構築(フィジカル)の定義が大きく揺らいだ時代。

このピルは閉所恐怖症の患者のために開発されたもので、一粒の錠剤を服用することで患者の環境が改善される、それ自体が、すでに建築的な行為だということを示している。

背後にある思想はフッサールの現象学で、客観的な世界は存在せず、主体によって意識されたものだけが世界であるという考えが反映されている。

Non physical environment
non-physical environment (Architekturpille), Wien, Österreich, 1967. Image © Hans Hollein

 

シェリン宝石店(元レッティ蝋燭店)シェリン宝石店(元レッティ蝋燭店)
1966 オーストリア ウィーン
設計:ハンス・ホライン
via hollein.com

トラベル・エージェンシートラベル・エージェンシー
1978 オーストリア ウィーン
設計:ハンス・ホライン
via bipolarch

Strada Novissima,1980
Strada Novissima,1980

ハース・ハウスハース・ハウス
1990 オーストリア ウィーン シュテファン広場
設計:ハンス・ホライン
via wikipedia

 

ウォルター・ピヒラー

ウォルター・ピヒラーウォルター・ピヒラー
1936-2012
オーストリアの彫刻家、建築家

1962年よりハンス・ホラインとの協働を始め、グラフィック・デザイナー、デザイナ-、編集者として活躍した。

鍛冶屋の隣の住宅 Home by a forge

鍛冶屋の隣の住宅 Home by a forge
2002 イタリア トレンティーノ=アルト・アディジェ州
設計:ウォルター・ピヒラー
via syberbergfloornature

 

アーキグラム

Members of Archigram: Warren Chalk, Peter Cook, Dennis Crompton, David Greene, Ron Herron, and Michael Webb.

アーキグラム
1961-1974 イギリス
ドローイングが建築作品の前衛グループ

ピーター・クック、ロン・ヘロン、デヴィッド・グリーン、デニス・クロプトン、ウォーレン・チョーク、マイケル・ウェブ

彼らは現実に建設される実作を殆ど造らず建築のドローイングそのものを「建築作品」とすることで、建築を完全に情報化し、マス・メディアに消費させようとした。

A walking City, 1964 Ron Herron, Archigram

The Plug-In City1964 Peter Cook, Archigram

 

レベウス・ウッズ

レベウス・ウッズレベウス・ウッズ
1940-2012
アメリカのアンビルドの建築家、芸術家

<「建築は戦争である」>

ケヴィン・ローチ事務所出身で、その後エーロ・サーリネンの事務所で勤務。

「戦争」や「兵器」などを連想させるドローイングを数多く残した。

アーキテクチャと戦争が同一の特定の意味であるという立場を保持し、そのアーキテクチャは、本質的に政治的である。出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/レベウス・ウッズ

レベウス・ウッズは、彼の長いキャリアを通して、社会にある物理的で心理的な構造間の類似点を認めることで、その構造が私たちの存在を変容させるのかどうかを表現した。

© Estate of Lebbeus Woods
Lebbeus Woods, Injection Parasite, Sarajevo, 1992-93 © Estate of Lebbeus Woods
Lebbeus Woods, San Francisco Project: Inhabiting the Quake, Quake City, 1995 © Estate of Lebbeus Woods

 

関連書籍

『環境芸術家キースラー(1978年)』,山口 勝弘 (著),美術出版社,1978
『HANS HOLLEIN 作品集―a+u Extra Edition(エー・アンド・ユー臨時増刊)1985.2』,ハンス・ホライン (著),株式会社エー・アンド・ユー,1985
『Pamphlet Architecture 15: War and Architecture』,Lebbeus Woods (著),1996
『アーキグラムの実験建築1961-1974』,水戸芸術館 (著), 山形浩生 (著),ピエ・ブックス,2005

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中