ハイテク建築

ハイテク建築とは

テクノロジーがそのままデザインとして表面に現れている建築のこと。構造表現主義ともいわれる。

1960年代から70年代にかけて、今までは技術的に建てることのできなかった建築が、最新の構造技術を用いることで建築可能になり、次々と世の中に登場し始めた。

構造を前面に出すスタイルのルーツは、ブルータリズムにあり、その中心人物だったスミッソン夫妻の影響を受けた、ジェームズ・スターリング、リチャード・ロジャース、ノーマン・フォスター、ニコラス・グリムショウらによってこのムーブメントは牽引された。

ネーミングは、デザイン・ジャーナリストのジョアン・クロンとスザンヌ・シュレシンの共著『High Tech: The Industrial Style and Source Book for the Home』(1978)に由来する。

80年代からはポストモダン建築との区別が難しくなり、ハイテク建築から生まれた多くのテーマやアイディアは、徐々にポストモダン建築に吸収されていった。

<ハイテク建築の三大巨匠>

リチャード・ロジャース、ノーマン・フォスター、レンゾ・ピアノが有名。

 

おもな建築物

エーロ・サーリネンエーロ・サーリネン
1910-1961(満51歳没)
アメリカで活躍した建築家、フィンランド人

TWAターミナルビルTWAターミナル(JFK空港内)
1961 NY
設計:エーロ・サーリネン
via wikipedia

via zacharynichols

ミュンヘン・オリンピアシュタディオンミュンヘン・オリンピアシュタディオン
1972 ドイツ ミュンヘン
設計:ギュンター・ベーニッシュ、フライ・オットー
via wikipedia

BMW HeadquartersBMW ヘッドクウォーターズ
1968-72 ドイツ ミュンヘン
設計:カール・シュヴァンツァー
via newsnish

シドニー・オペラハウスシドニー・オペラハウス
1973 オーストラリア シドニー
設計:ヨーン・ウォッツン他
構造:ピーター・ライス
via wikipedia

リチャード・ロジャースリチャード・ロジャース
1933-
イギリスの建築家
© 2013 Rogers Stirk Harbour + Partners LLP

ポンピドゥ・センターポンピドゥ・センター
1977 フランス パリ
設計:リチャード・ロジャース、レンゾ・ピアノ
via wikipedia

ロイズ本社ビルロイズ・オブ・ロンドン
1978-1986 ロンドン
設計:リチャード・ロジャース
via AD

ミレニアム・ドームThe O2(ミレニアム・ドーム)
1999 ロンドン グリニッジ
設計:リチャード・ロジャース
via wikipedia

ノーマン・フォスターノーマン・フォスター
1935-
マンチェスター生まれの建築家
via wikipedia

フォスターは構造を前面に押し出したスタイルを好み、テクノロジーを賛美している。「現代社会は技術が主導する社会であり、建築家は技術を高めれば、美しさは後からついてくる」と述べている。

HSBCビルディング
1985 中国 香港
設計:ノーマン・フォスター
via DIVISARE

ドイツ連邦議会新議事堂・ライヒスタークドイツ連邦議会新議事堂・ライヒスターク
改装 1999 ドイツ ベルリン ミッテ
設計:ノーマン・フォスター

Reichstag, New German Parliament Berlin, Germany 1992 – 1999 via Foster + Partners

British Museum - Great CourtBritish Museum – Great Court
opened 2000 ロンドン
設計:ノーマン・フォスター
via DIVISARE

ニコラス・グリムショウニコラス・グリムショウ
1939-
イギリスの建築家
via therealdeal

オックスフォード・アイスリンクオックスフォード・アイスリンク
1984 イギリス オックスフォード
設計:ニコラス・グリムショウ
via geograph

フィナンシャル・タイムズ印刷工場フィナンシャル・タイムズ印刷工場
1988 イギリス ロンドン
設計:ニコラス・グリムショウ
via grimshaw

フィナンシャル・タイムズ印刷工場

ハイテクノロジーが工業建築で成功した初期の実例で、技術要素が芸術と融合すること示した。

サンティアゴ・カラトラバサンティアゴ・カラトラバ
1951-
スペイン出身の構造家、建築家
via bestinteriordesigners

リスボンのオリエンテ駅リスボンのオリエンテ駅
1998 ポルトガル リスボン
設計:サンティアゴ・カラトラバ
via inhabitat

バレンシア芸術科学都市バレンシア芸術科学都市
1991-2004 スペイン バレンシア
設計:サンティアゴ・カラトラバ
via wikipedia

バレンシア芸術科学都市

バレンシア芸術科学都市

 

関連書籍

『Hi-Tec Architecture』,Daab Books (Corporate Author),Daab Pub; Mul版,2009
『フォスター卿の建築術 [DVD]』,ノーマン・フォスター (出演), リチャード・ロジャース (出演), & 1 その他,KADOKAWA / 角川書店,2014

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中